カジノゲームサイドベットの説明

カジノゲームとなると、すべてが同じようなパターンに従います。ゲームの結果に賭けて、うまく行ったら賭けに勝ち、そのペイアウトを楽しむ。ゲームによって方法は色々ですが、すべてが同じ構造に従っています。ですが、最も一般的に知られているように、ゲームによっては隠された追加のベット、ゲームの中にあるゲーム、サイドベットなどがあります。こういったゲームは、普通はベースのゲームに影響を直接与えず、併せて進行されていて、メインのゲームとは独立して買ったり負けたりします。特にブラックジャックはそれに関係するさまざまなサイドベットで有名ですが、ほとんどすべてのクラシックカジノゲームに追加されていることが分かります。 カジノゲームのサイドベットの長所は? 誰もが、自分の過去の成功談を元にサイドベットに関する自分の意見を持っているでしょう。ですが、ここで焦点を当てることは客観性です。 すばやくプレイ 多数のオンラインギャンブラーにとって、それは速度とほぼ即座の満足感のこと。ですから、カジノサイドベットはいつでも速いという事実は、数秒で賭けを決定するという意味です。ノックオン効果は、さほど時間や精神的な労力をかけることなく、勝ちの恩恵を受けるかも知れません。 分かりやすい サイドベットの主な目的は、メインのゲームから心をそそる息抜きを提供することです。その結果として、簡単に覚えて続けることができます。これは、賭けの仕組みをしっかりと理解する前に、ルールを熟読するのに15分間かける必要がないという意味です。 儲かる報酬 すべてのカジノサイドベットで似ていることのひとつは、リスク/報酬によりすばらしい要素があるということです。ですが、これは時間に見合うということではありません。通常ベースのゲームで許可している以上に、実質上かなり大きな金額を獲得する可能性があります。ですが、すべてのゲーム同様、保証されているわけではありません。ですから、いつでも自分のバンクロールに従ってプレイすべきです。 カジノサイドベットの短所は? お気に入りのゲームに追加で賭ける好機を好む人がいるのと同じように、カジノサイドベットの欠点を見つける人がいます。 速すぎる サイドベットには数秒で終わるものがあり、参加開始時にはちょっとくじけてしまうことがあります。高リスク/報酬、めったにないタイプのサイドベットでは、これは特に本当のことです。しかもサイドベットはベースのベームよりも最低の賭け金額が高いことがあるので、運が悪ければバンクロールを確実に使い果たす方法になります。 戦略を妨害 決断に対して事前に計画を立てた思考プロセスに委ねることができるゲームを好むオンラインカジノプレーヤーがいます。さまざまなゲームのハウスエッジを研究して、適切に作戦を適用したい場合には特にそうです。これはブラックジャック戦略では特に本当のことです。 気が散る オンラインカジノプレーヤーにはカジノサイドベットを避ける人もいます。その理由は、不要であること、そしてメインゲームから気が散ることが分かっていて、集中力散漫になりたくないということです。一度にひとつのことに集中したくて、一連の考えを邪魔されたくない人にはこれは特に本当のことです。例えば、自分でカード計算を覚えている人は恐らくそうでしょう。

ブラックジャックで利益を得る3通りの方法

ブラックジャックは、何十年もの間、いつでも最も寛大なカジノゲームのひとつです。通常、ランドベースのカジノで98.0~99.5%のRTPを特徴としています。オンラインカジノでは普通は99.0~99.5%のRTPを提供します。ですが、お気づきの通り、この計算はどれも100%のペイバックではありません。ですから、カジノに対してまだ少し不利なのです。  1. カード計算 カード計算は、有名・有利なプレイ方法で、ブラックジャックプレーヤーが利用します。エッジがある時に追っているカードの値を計算することが伴います。有利になったら、ベットして投資します。カード計算の共通の誤認は、賢い人だけがそれをできるということです。ですが、実際にはカード計算を覚えることはさほど難しくありません。すべて計算システムの選択から始まります。さまざまなシステムで、自由に自分自身でリサーチできます。ですが、ハイローを使って、速く始めて実質的なエッジを獲得できます。 2 ~ 6 = +1 7 ~ 9 (ニュートラルカード) = 0 10 ~ エース (ハイカード) = -1 有利な計算では、デッキでエースや10以上の割合が大きいことを示します。これらのハイカードは、自然にブラックジャックを獲得するチャンスを高めます。17にしようとしている時に、ディーラーがバーストするオッズも増やします。 一方で不利な計算では、デッキにローカードが揃っていることを明らかにします。後者では自然に獲得するチャンスが減り、ディーラーがバーストするオッズが低くなります。シューから出るので、あなた、別のプレーヤー、ディーラーの誰にカードが配られてもすべてのカードを計算しなければなりません。正確な「実行計算」をし続けることができる限り、うまく進めて行けます。 2. ホールカーディング ホールカーディングは、ホールカードがあるどのテーブルゲームでも使用できるテクニック。ブラックジャック、カリビアンスタッド、スリーカードポーカーなどがその例です。ホールカーディングの基本は、めくられる前に、ディーラーの裏向きのカードを見ることです。ディーラーのホールカードをちらっと見ると入手できなかった情報を得られます。残念ながら、大多数のディーラーは訓練を積んでいます。明らかにするまでは、裏向きのカードをうまく隠しています。 ですから、ホールカーディングの最初の事には、上手くないディーラーを探すことが伴います。これらのディーラーはホールカード値(別名「フラッシング」)をゲーム中ずっとオフとオンにフラッシュする見込みが高いのです。カジノを探して見つけ出し、フラッシャーを見つけるためにさまざまなテーブルでプレイします。十分に行ったら、最後には上手くないディーラーを突き止めるでしょう。 3. ボーナスと高RTPの組み合わせ ほとんどのオンラインカジノボーナスはスロットで進化しています。ですが、ブラックジャックボーナス(よく「テーブルゲーム」の所にあります)も見つけることができます。ブラックジャックボーナスの資格を得るためには、デポジットを入れて、適切なボーナスコードを入力する必要があります。ほとんどのブラックジャックのお得情報は、マッチングのパーセンテージのバラエティで、カジノはあなたのデポジットのパーセンテージを合わせます。ほとんどのブラックジャック提供物は、カジノに目をかけてもらうために設定されています。ですが、時々理論利益を届けるお得情報を見つけることができます。 プレイスルー(別名ロールオーバー)は、これらのボーナスを探している時に主に専念することです。ロールオーバーはボーナスのキャッシュアウト前に賭けなければならない金額です。繰り返しますが、ほとんどのブラックジャックボーナスはカジノに目をかけてもらうためのものです。ですが、リサーチを行ってあらかじめ自分で計算したら、利益が出るお得情報を見つけることができます。

カジノプレーヤーが数学理論を使って勝てる4通りの方法

カジノでの結果を高めたいなら、数学理論が最高のオプション。ほとんどのカジノギャンブラーは数学理論を避けます。理由は、それがいいとは思えないとか、恐れているから。ですが、使い方が分かればカジノ数学理論は簡単です。 数学について知っていると思っていることはすべて忘れましょう。この記事では、カジノで数学理論を使う4通りの簡単な方法を覚えます。それぞれの方法で結果が良くなるでしょう。 ハウスエッジとは? カジノギャンブラーが理解すべき2つの大事な数学理論は、ハウスエッジとペイアウト率です。これが、このセクションと次のセクションで覚えることです。 ハウスエッジはカジノゲームとギャンブルの機会を比較するために使用できるパーセンテージです。最高のハウスエッジがあるカジノゲームは、プレイには最悪です。最低のハウスエッジがあるカジノゲームはプレイに最高です。一部のスロットマシンのハウスエッジは10%以上です。ブラックジャックやビデオポーカーゲームのハウスエッジは1%以下のところもあります。 ペイアウト率とは? ペイアウト率とは、基本的にさまざまな方法で表示されるハウスエッジのことです。ペイアウト率は、自分が賭けているものが自分に戻って来るパーセンテージです。ペイアウト率にハウスエッジを足すと、100%になります。 カジノゲームのハウスエッジやペイアウト率が分かれば、他のひとつが何であるのかがすばやく分かるということなので、これを理解することは大事です。 ハウスエッジが10%のスロットマシンは、ペイアウト率は90%。ハウスエッジが1%のブラックジャックゲームは、ペイアウト率は99%となります。 ハウスエッジは、基本的には賭けている金額に基づく利益としてカジノが手に入れるお金のパーセンテージです。ハウスエッジが10%のスロットマシンに1,000ドル賭けたとすると、カジノは利益のためにあなたが賭けたお金の中から100ドル取ります。ハウスエッジが1%のブラックジャックゲームに同じように1,000ドル賭けると、カジノは利益に10ドル取るだけです。 前のセクションでは、低いハウスエッジでカジノゲームをプレイする必要があることを学びました。これは、高リターンパーセンテージのカジノゲームをプレイする必要があるという意味でもあります。90%のリターンのスロットマシンに1,000ドル賭けたら、900ドル戻って来ます。これは、100ドル負けの前のセクションの計算と一致します。99%のリターンのブラックジャックゲームに1,000ドル賭けたら、損失は10ドルです。 数学理論と戦略を使う ハウスエッジとペイアウト率理解したところで、次のステップは、ハウスエッジを低く、リターンを高くする戦略を使う方法を覚えることです。すべてのカジノゲーム戦略では、数学理論を使ってうまく達成できるようにします。 ブラックジャック戦略は単に数学理論を使って、各手札をプレイするのに単一の最高の方法を測定します。どのブラックジャックの手札にも、ディーラーが見せるカードと、シューやデッキに残った、引くそれぞれのカードのオッズに基づいてプレイするためにまさに正しい方法が1つあるのです。 ビデオポーカーをプレイする時にも同じことが言えます。クラップスやバカラなどの他のカジノゲームにはもっと簡単な戦略があります。スロットマシンなどのゲームにはどんな戦略も機能しません。 自分で上手い戦略を開発する必要はありません。実際に、戦略がまったくうまく行く方法や理由を理解する必要はありません。最高の戦略を見つけて使ってみるだけのことです。 基本となるカードの数学理論 多くのカジノゲームではカードを使います。そこで、カードに関する簡単な数学理論の事実を理解することは賢いことです。ほんの少し時間を使って取り組むと簡単にできます。基本のカードデッキでは4組、52枚のカードを使って構成されています。これはつまり、各組にカードが13枚あるということです。カードは1から13まであって、デッキにはそれぞれのマークで4枚のカードがあります。各マークに1枚です。あなたがエースを1枚持っていてもう1枚カードを引く場合に、デッキにはエースが3枚しかないということが分かって役立ちます。1枚目のカードがエースだったら、2枚目のカードでは、51回ごとに3枚のエースのうちの1枚が出ることになります。デッキにはカードが51枚あって、カードの3枚はエースなので、このことが分かります。 プレイするカードのデッキを手に入れて、プレイしたいゲームに基づいて手札を配り始めましょう。ブラックジャックをプレイするなら、始めのブラックジャックの手札としてカードを2枚配り、ディーラー用に表向きのカードを1枚配ります。数学理論をさっと使って、デッキにカードが何枚残っているのか、手札に役立つか、都合の悪い手札が何枚あるのかを確認しましょう。この方法で練習し続けると、ギャンブルの数学理論の仕組みを早く覚えることができるでしょう。