カジノプレーヤーが数学理論を使って勝てる4通りの方法

カジノ オンライン

カジノでの結果を高めたいなら、数学理論が最高のオプション。ほとんどのカジノギャンブラーは数学理論を避けます。理由は、それがいいとは思えないとか、恐れているから。ですが、使い方が分かればカジノ数学理論は簡単です。

数学について知っていると思っていることはすべて忘れましょう。この記事では、カジノで数学理論を使う4通りの簡単な方法を覚えます。それぞれの方法で結果が良くなるでしょう。

ハウスエッジとは?

カジノギャンブラーが理解すべき2つの大事な数学理論は、ハウスエッジとペイアウト率です。これが、このセクションと次のセクションで覚えることです。

ハウスエッジはカジノゲームとギャンブルの機会を比較するために使用できるパーセンテージです。最高のハウスエッジがあるカジノゲームは、プレイには最悪です。最低のハウスエッジがあるカジノゲームはプレイに最高です。一部のスロットマシンのハウスエッジは10%以上です。ブラックジャックやビデオポーカーゲームのハウスエッジは1%以下のところもあります。

ペイアウト率とは?

ペイアウト率とは、基本的にさまざまな方法で表示されるハウスエッジのことです。ペイアウト率は、自分が賭けているものが自分に戻って来るパーセンテージです。ペイアウト率にハウスエッジを足すと、100%になります。

カジノゲームのハウスエッジやペイアウト率が分かれば、他のひとつが何であるのかがすばやく分かるということなので、これを理解することは大事です。

ハウスエッジが10%のスロットマシンは、ペイアウト率は90%。ハウスエッジが1%のブラックジャックゲームは、ペイアウト率は99%となります。

ハウスエッジは、基本的には賭けている金額に基づく利益としてカジノが手に入れるお金のパーセンテージです。ハウスエッジが10%のスロットマシンに1,000ドル賭けたとすると、カジノは利益のためにあなたが賭けたお金の中から100ドル取ります。ハウスエッジが1%のブラックジャックゲームに同じように1,000ドル賭けると、カジノは利益に10ドル取るだけです。

前のセクションでは、低いハウスエッジでカジノゲームをプレイする必要があることを学びました。これは、高リターンパーセンテージのカジノゲームをプレイする必要があるという意味でもあります。90%のリターンのスロットマシンに1,000ドル賭けたら、900ドル戻って来ます。これは、100ドル負けの前のセクションの計算と一致します。99%のリターンのブラックジャックゲームに1,000ドル賭けたら、損失は10ドルです。

数学理論と戦略を使う

ハウスエッジとペイアウト率理解したところで、次のステップは、ハウスエッジを低く、リターンを高くする戦略を使う方法を覚えることです。すべてのカジノゲーム戦略では、数学理論を使ってうまく達成できるようにします。

ブラックジャック戦略は単に数学理論を使って、各手札をプレイするのに単一の最高の方法を測定します。どのブラックジャックの手札にも、ディーラーが見せるカードと、シューやデッキに残った、引くそれぞれのカードのオッズに基づいてプレイするためにまさに正しい方法が1つあるのです。

ビデオポーカーをプレイする時にも同じことが言えます。クラップスやバカラなどの他のカジノゲームにはもっと簡単な戦略があります。スロットマシンなどのゲームにはどんな戦略も機能しません。

自分で上手い戦略を開発する必要はありません。実際に、戦略がまったくうまく行く方法や理由を理解する必要はありません。最高の戦略を見つけて使ってみるだけのことです。

基本となるカードの数学理論

多くのカジノゲームではカードを使います。そこで、カードに関する簡単な数学理論の事実を理解することは賢いことです。ほんの少し時間を使って取り組むと簡単にできます。基本のカードデッキでは4組、52枚のカードを使って構成されています。これはつまり、各組にカードが13枚あるということです。カードは1から13まであって、デッキにはそれぞれのマークで4枚のカードがあります。各マークに1枚です。あなたがエースを1枚持っていてもう1枚カードを引く場合に、デッキにはエースが3枚しかないということが分かって役立ちます。1枚目のカードがエースだったら、2枚目のカードでは、51回ごとに3枚のエースのうちの1枚が出ることになります。デッキにはカードが51枚あって、カードの3枚はエースなので、このことが分かります。

プレイするカードのデッキを手に入れて、プレイしたいゲームに基づいて手札を配り始めましょう。ブラックジャックをプレイするなら、始めのブラックジャックの手札としてカードを2枚配り、ディーラー用に表向きのカードを1枚配ります。数学理論をさっと使って、デッキにカードが何枚残っているのか、手札に役立つか、都合の悪い手札が何枚あるのかを確認しましょう。この方法で練習し続けると、ギャンブルの数学理論の仕組みを早く覚えることができるでしょう。

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *